おまとめローンと総量規制

おまとめローンでは、複数社にまたがる借入れを1本化できます。これによって金利が下がり、毎月の返済額が減らせるのがメリットです。しかし、おまとめローンにも審査はあり、審査に通らなければまとめられません。

 

すでに複数社から借入れをしているのであれば、総量規制という言葉を知っている人もいるでしょう。総量規制とは借り過ぎを防止するための法律で、年収の1/3を超える金額の貸付けについて禁止されています。おまとめローンを利用したいけれど、現在の借入総額が1/3を超えているのでできないと勘違いしている人もいますが、これは間違っています。

 

まず、総量規制には例外があります。もしも本当に年収の1/3を超える金額の借入れができないとすると、マイカーローンや住宅ローンを組むのが困難になります。マイカーローンなら借入額と年収によっては条件をクリアするかもしれませんが、住宅ローンとなるとほぼ絶望的です。

 

総量規制では、年収の1/3を超える金額の借入れであっても、債務者にメリットしかないと見なされる項目については、例外としてこれを認めています。住宅ローンやマイカーローンもそうですが、緊急の高額医療費、そしておまとめローンも例外として認められています。

 

ただし、まとめた後の追加融資については例外とはならないので注意が必要です。

 

消費者金融大手のプロミスの商品に、貸金業法に基づく借り換えローンがあるのもこのためです。しっかりと法に則ったサービスとなっているので、消費者金融でも安心しておまとめローンの利用が進められます。