おまとめローンってした方がいいの?

カードローン利用者ならば、おまとめローンという言葉を一度は聞いているはずです。複数社からの借入れを借入れ中の1社、または別の会社にまとめてしまう方法です。よくわからないけど面倒そうだからいいや、このように考えている人が意外と多いのですが、おまとめローンは本来、返済が面倒だという人向けのサービスです。

 

 

おまとめローンをした方がいいのかどうか、これについてはした方がいいというケースがほとんどです。金利が低くなる、毎月の返済額が少なくなるなど、メリットがたくさんありますが、デメリットがほとんどありません。損をしないための注意事項もありますが、これも事前に理解おけば問題ありません。

 

現在複数社から借入れをしているならば、おまとめローンのメリットを知ったうえで、まとめるべきかどうかを考えてみるのもよいでしょう。

 

おまとめローンは金利が低い

おまとめローンで借り換えをすると、一般的に金利は低くなります。カードローンの金利は借入先などの条件によって違いますが、1つ共通している傾向があります。それは、借入金額が大きい程金利が下がるという傾向です。限度額10万円より100万円の方が、限度額100万円より300万円の方が、金利が低くなっていきます。

 

おまとめローンでは借入先が1か所にまとまるので、借入金額が大きくなります。これによって、低金利で借り換えやすいというメリットがあります。

 

また、おまとめローン自体が金利の低さを売りにしている所があるので、現在の借入先の金利によっては、大幅に金利が下がる可能性があります。ただ、消費者金融で利用をするおまとめローンの場合にはそこまで金利が下がらない可能性があるので、大手消費者金融のモビットでのおまとめローンを利用するとした場合には金利には十分に注意をしてください。

 

おまとめローンは返済金額が少ない

おまとめローンで借り換えをすると、毎月の返済額が下がる可能性が高いです。まとめた結果金利が下がる可能性が高く、それによって毎月かかる利息が少なくなります。その分毎月の返済で元金に充てられる部分が多くなったり、そもそもの毎月の返済額が減ったりといったメリットがあります。

 

複数社から借入れをしている人の多くは、1社あたりの返済額も少なくはありません。限度額いっぱいまで借りていなければ、他社からも借入れをする理由がほとんどないからです。複数社に渡って限度額まで借りていれば、1社あたりの返済額も大きく、毎月の返済の負担も大きいはずです。

 

おまとめローンでまとめる前の合計の返済額と比較して考えた場合、毎月の負担が大幅に減る可能性があります。

 

おまとめローンは管理が楽

おまとめローンで借り換えをすると、気持ち的に大分楽になったという人が多いです。これには2つの理由があります。返済先も1社にまとまるので、今まで月に何回も行っていた返済が1回で済むようになります。

 

返済のお金を振り込んだり、その為のやり繰りをしたりするのは、意外とストレスが溜まります。おまとめローンなら、毎月1か所に、それもいくら返済するのかが明確なので、手間もお金の管理も楽になります。

 

もう1つ、楽になる理由があります。おまとめローンで借り換える前に頭をよぎっていたのは、毎月の返済のやりくりをどうするかという人が多いです。それも1社でなく複数社であれば、いつもその月どうやりくりするかばかり考えるようになってしまいがちです。

 

おまとめローンでまとめた後は、金利が下がり、返済金額が下がり、手続きの回数も減るので、完済という具体的な目標がみえるようになります。

 

おまとめローンの注意点

魅力の多いおまとめローンですが、注意点もあります。金利や毎月の返済額が減ったからといって、返済総額はかえって上がってしまうケースもあります。毎月の返済額が少なくなれば、元金の減りも早くなります。金利差以上に月の返済額による利息差の方が大きければ、最終的には余計に利息を支払う可能性があります。

 

また、稀に総合的な金利が上がるケースもないわけではありません。おまとめローンを組む時には金利だけでなく、最終的な返済総額にも注目しましょう。

 

完済までの期間が長すぎても返済総額が膨れ上がってしまうので、適度なバランスが取れているおまとめローンの利用のためにも適する借り入れ先をしっかりと選んでください。人気どころから見ておきたい方は借り換えやおまとめで注目のオリックス銀行カードローンを確認してみると良いでしょう。